インクルーシブ教育時代の訪問教育に関する提言
「訪問教育の充実と拡大のために」

 インクルーシブ教育への取り組みが始まり、すべての子どもたちが学校での学びや活動から排除されることなく、教育が保障される社会において、訪問教育が果たす役割は大きく、その拡充が求められているのではないでしょうか。
 今後、「一人ひとりの要求から出発する」訪問教育の可能性を考えるうえで、全訪研は「インクルーシブ教育時代の訪問教育に向けての提言」を作成しました。また、参考資料として「訪問教育の充実と拡大のために」に関連する法規、通知等を資料としてまとめました。
 訪問教育に関わる多くの方に提言に目を通していただき、職場で、訪問の研修会で話題にし、全国的な議論を広げていきましょう。

  • 「訪問教育の充実と拡大のために」(pdf
  • 「訪問教育の充実と拡大のために」資料(pdf

問合せ、ご意見等は(樫木@愛媛)へご連絡ください。
メール:

pagetop